こーるろぐ

こーる,こと湊行流のあれやこれや. 個人サークル[ろぐえすえぬ]で活動…できると…イイナ. 時事やアニメ,ゲーム等に対する感想が大半を占めると思われます.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「いつか、届く、あの空に」感想

「いつか、届く、あの空に。」応援中!

 コンシューマゲームでは最近当たりが無いので PC ノベルゲームに手を出してます(・_・)ノ エロゲーというより音声&画像付の小説という捉え方なのでえちぃ度合は基本的には評価対象外で.

 いつ空は北欧神話が織り込まれてるらしいのでプレイしてみましたが…"ノベル式天体観測シネマNVL"は違うんじゃないかと! はっきり言って天文知識不要です. 公式ページから想像される雰囲気と実際が全く違うので購入前に体験版を試した方が宜しいかと.

以下ネタバレ含み感想
参考リンク(MOONLIT RAIN)

 まずざく~っと.
 前半部分,ほぼ体験版でそのまま読めるが個人的評価は低いかな~. 芸術に秀でた一族に生まれながら己には才能が無い事に苦しみ,逃げるようにして物語の舞台となる空明市にやってきた主人公. いざ住処に辿り着いてみれば主人公の嫁を自認するヒロイン(ふたみ). で,この娘が全く人の話を聞かないったら! まあこの手のゲームなら良くある事…か??? うやむやのまま眠りに付き生活を始め…っていい加減な. ゲームを一度でもクリアしてみれば,"雲戌亥家(ふたみの家)に都合の悪い事は気にしなくなる"云々の縛りのせいかな?等と想像の余地もあるが…. 行間を読むのは嫌いではないけど,導入部と考えるとイマイチかな. ヒロイン三人のルート全てで前半部分は殆ど話が変わらないのでそういう意味でももうちょっと頑張って欲しかった.

ふたみ編
 「お主人ちゃん」に尽きると思うヒロイン. 何この呼称. アホか(ノ∀`) と思いつつもいつの間にか当然の様に聞いていて,いざ止められてしまうと凄い喪失感…といろんな所で語られいるのは心底同意.
 前半部分がほぼふたみの話であるからか,個人ルート分岐後はふたみよりも愛々々の方が活躍している印象. 主人公を二度犠牲にするふたみの運命,干支を組合わせた名前の一族,星の光を集めて太陽に~云々の設定は面白かった.

此芽編
 実は魔術的な意味でふたみよりも前に"結婚"しているヒロイン. 主人公に嫌われようと一所懸命だが…あの言動で嫌われてると感じる主人公はどうかと思う….
 一番切なかったのは主人公への誕生日プレゼントを,同じ日生まれのふたみ宛と勘違いされてしまう所…(´;ω;`)ブワワッ 自分とお揃いの飾りを用意してのだろうに…報われねぇぇぇ! おまけに主人公が他のヒロインを選んだ場合,主人公に命を与えて居た事すら気付いて貰えずひっそり息絶える運命…. 徹底的に耐え忍ぶ姿に惚れた.
 エピローグ後,清廉潔白な雲戌亥家と正反対に腐った連中ばかりの桜守姫家で幸せになれたのだろうか…妹二人が居るから大丈夫かな?

傘編
 人外ヒロイン(笑) 明日宿家の定義からするとヒロインの中で唯一人外じゃないらしいけど一番人外. 傍若無人.
 声とか好きだし,登場シーンでカットインがあったり,ふたみからも此芽からも慕われる皆の姉的存在なのに容赦無しです.
 でも,ふたみ編じゃ雲戌亥に,此芽編じゃ桜守姫に振り回されっぱなしの主人公が一番"自分の目で見た"物語じゃないかなと. 傘(てる)だけは幸せに出来てると思う.

総括
 前半部分の照陽菜や天文委員が全くどうでもいい要素だったのは衝撃. 北欧神話の扱われ方もぶっちゃけヒドイかも…. 前触れを一つでも止めたら開始されない神々の黄昏(ラグナロク)なんて…. 実は戦闘モノなのにエフェクトが貧相….
 しかし全編通じての言霊,というか言葉遊び,雲戌亥家,桜守姫家,明日宿家の因縁,遥か古代からの宿業等々の設定は面白かった. 西尾維新氏の小説が好きな人なんかは遊んでみるのも良いかも. 作品の隙間を考察して埋める事を楽しもうというノリだね. 萌木原ふみたけ氏の絵は凄く良い.



 よく話題になる策の解対. 私は"思惑(軍事的な?)"じゃないかなと思う. 主人公の名前紹介で策士の策と言っているし,徹底的に言葉遊びしていたライターが名前で遊ばないとは考えられない. 武器を作った意図を解対して使いこなし,ふたみを口説く作戦の伝説をなぞり,狼を殺す為に己を剣と為す. ちょっと苦しいけどこのゲーム遊んだからには考えてみないといけない問題だよね(-_-Q)

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。