こーるろぐ

こーる,こと湊行流のあれやこれや. 個人サークル[ろぐえすえぬ]で活動…できると…イイナ. 時事やアニメ,ゲーム等に対する感想が大半を占めると思われます.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

コードギアス23話「せめて哀しみとともに」感想

悪魔と女神


 スザクとルルーシュがそれぞれ修羅の道を歩み始めた所で一旦幕.続きは夏,って酷だなぁ.


相変わらず無茶苦茶な性能でユフィを奪還するも…


 ユフィは想像よりもあっさりとルルに殺されてしまいました.今更逡巡しても独りよがりなだけですし迷わなかったルルは褒めるべきでしょうか.やや自己陶酔の気があるスザクは苦手ですが,ユフィ臨終の際には流石に空気読んでましたね…「特区日本は大成功だよ!」

なんとも不幸な兄(義)弟姉妹*2


 メインの面々は着々と闇を抱えてますね.親友と妹'sを失いつつあるルル(お前にだけは嘘はつかない…はもう守れない).拠所を失い親友を憎むスザク.全て分かっていたつもりだったのに次々と何かを失っていくコーネリア,無垢故に言葉が痛いナナリー.個人的にはスザクは全てを知った上でそれでも最後にルルと親友の会話を交わした,という展開であって欲しいです…がホントに分かってない可能性が捨て切れないのがスザク.

 次回は夏だと言うのに伏線は投げまくりなコードギアスが憎い!オレンジはおはようございましただし,扇千草は暴徒に襲われるし.V2とか言う物語の質を下げそうな新キャラ現れるし,原子力レズ(ニーナ)はムンク芸術とロボ科学極めるし.待ってた甲斐があった!と言わせて欲しいがさて.

 ところでルルは女性関係は上昇気運.母性本能発揮したC.C.,親戚スザク並に空気の読めない勝利の女神カグヤ,ゼロ依存症カレン,記憶を戻しつつあるシャーリー,おまけに本物の母親まで見守ってる様子,カグヤにはホントにびっくりした…めがっさミーハー娘ですよ?自分の象徴としての使い道を知っている所はしたたかだけども.

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

レビュー・評価:コードギアス 反逆のルルーシュ/Stage23:『せめて哀しみとともに』

品質評価 26 / 萌え評価 23 / 燃え評価 14 / ギャグ評価 20 / シリアス評価 28 / お色気評価 1 / 総合評価 19レビュー数 370 件 惨劇の式典会場。大混乱に乗じてトウキョウ租界に大攻勢をしかける黒の騎士団。 ユーフェミアを救出すべく会場に突入したスザクはそこで……。

ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン 2007年05月28日(Mon) 17:58

コードギアス 反逆のルルーシュ 第23話 「せめて哀しみとともに」

「おはようございました」やったぜ!!我らがオレンジ卿は改造されても自分がコードギアスギャグ担当だって言う事を忘れてないぜ!!流石だぜ!!オレンジ・ゴットバルト!!で、出番はいつ?(^ω^;)

LIV-徒然なるままに 2007年04月03日(Tue) 22:18

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。